モモコグミカンパニー(BiSH)の性格や弟がいる?本名や年齢は?

楽器を持たないパンクバンド「BiSH」のモモコグミカンパニーちゃんの紹介です!

BiSHは2015年に結成された6人組バンドでバンド名は「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略。

 

そんなちょっと過激なBiSHの楽曲の作詞を主に担当しているのがモモコグミカンパニーちゃんなんです!BiSHナンバー1の秀才の素顔に迫ります!

 

今回は・・・

・Wikiプロフィールや経歴は?
・本名や年齢は?
・性格は?
・家族や弟がいる?

について調べました!

スポンサードリンク

モモコグミカンパニー(BiSH)のwikiプロフィールや経歴は?

・名前:モモコグミカンパニー

モモコは本名である可能性がありますが、詳しくはわかりませんでした。

・誕生日:9月4日

生まれた年についてはわかりませんでした。

大学在学中にBiSHのオーディションを受けたというエピソードから22歳から26歳くらいだと推測されます。

・血液型:O型

・身長:147cm

大学生の時は背が低いことで中学生と間違われたこともあるそうです。

・好きなタイプ:二枚目、秀才、メガネ君

秀才のモモコちゃんは同じようなタイプがお好きなようです!

・好きな食べ物:お寿司、スルメ

・好きなアーティスト:JUDY AND MARY、それでも世界が続くなら

・好きな作家:さくらももこ、住野よる、村上春樹、村田沙耶香

・好きな作詞家:高橋久美子、いしわたり淳治、松本隆

自分で本を執筆するだけあって読むのも好きなんですね!

好きな作詞家が3人もいるなんてところも作詞担当のモモコちゃんらしいです。

・好きな本:村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

・嫌いな動物:小動物(ネズミ・ハムスター)

・部活:剣道部(小学校)、吹奏楽部(中学校)、サッカー部(高校)

・出身大学:国際基督教大学(ICU)

はっきりしたことはわかりませんが、国際基督教大学に通っていたという説が有力です。

・小さい頃の習い事:ピアノ、書道、体操教室

・経歴:小学校のときは剣道部、中学校では吹奏楽部、高校はサッカー部に所属していたそうです。

大学はⅠCU(国際基督教大学)に進学したと言われています。

大学生のときはラウンドワンでアルバイトをしていたそうですが背が低いことで中学生と間違われ辞めることに。

大学在学中にBiSHのオーディションを受け、2015年1月14日にBiSHが始動、3月10日に初期メンバーに決定。

活動を始めます。全員が作詞を担当するBiSHですが、その中でもモモコちゃんは多くの楽曲の作詞を担当。

独特の世界観を表現した歌詞はとても高い評価を受けています!

また2018年には完全書き下ろしのBiSHヒストリー本『目を合わせるということ』を発表。

これはモモコちゃんが体験した3年間(2015年~2017年)の物語が描かれています!

モモコちゃんに興味を持った人は必ず読みましょう!

スポンサードリンク

モモコグミカンパニー(BiSH)の本名や年齢は?

本名についての情報はありませんでした。

 

BiSHのメンバーは本名を芸名に入れているパターンが多いようですがモモコちゃんの場合はどうなのでしょうか。

 

というのも好きな作家としてさくらももこさんを挙げていることから、その名前をとってモモコグミカンパニーという名前にしたという可能性もあります。

 

誕生日については9月4日とわかりましたが、年齢についての情報はありませんでした。

 

大学在学中にBiSHのオーディションを受けたということなのでBiSHが始動した2015年に18歳から22歳であったと考えると現在は22歳から26歳くらいあろうと推測できます!

スポンサードリンク

モモコグミカンパニー(BiSH)の性格は?

モモコちゃんが自身の性格についてインタビューで話しています。

 

「自分がいるときに、できるだけ周りの空気を悪くしたくない気持ちはめっちゃあります。それが欠点でもあるんですけど。だから疲れちゃうんですよ、人といると。最近はそんなに気負いしない毎日を送っているんですけど(笑)。とにかく人を見るのは好きですね」

 

「昔から1人でいるのが好きだし、本を読んでる方が楽しいみたいな人間で。結構暗い人間だなと思うんですけど、BiSHに入りたての頃は無理してめっちゃ喋って、それを隠そうとしてました。ファンの人にも明るいイメージを持たせたくてTwitterに可愛い絵文字をバンバン載せたり、笑顔の顔文字ばっかり載せたりしてたんですけど(笑)。キャラが変わったのか分からないですけど、最近は本(『目を合わせるということ』)を書いて、そういう自分の部分をうまく消化できたのかなと思って。すごく楽になりました」

 

「自分のことはよく分からないんです。喋る時もあるし、喋らない時もある。だけど、昔は友達と話すときに沈んだ気分を見せたら申し訳ないし、その気持ちをノートに書くことで隠さなきゃいけないと思ってたんですけど。BiSHに入ってからは表に出せるようになって。それを『共感する』と言ってくれる人がいると、そういう自分を肯定できる気がします」

 

本が好きで文才があるモモコちゃんは話している内容も頭が良さそうですよね!

 

このインタビューの話を見るとBiSHに加入したばかりのころは無理をして明るい自分を作っていたようです。

 

最近は本来のモモコちゃんを出せているのではないでしょうか!

 

わいわいがやがやしている人たちを尻目に一人で本を読んでいるモモコちゃんは様になります。

 

そういうところから、独特の世界観が生まれBiSHの歌詞ができているんだと思います!

スポンサードリンク

モモコグミカンパニー(BiSH)の家族や弟がいる?

家族構成は父親、母親、兄そして弟がいるそうです。

 

「お兄ちゃんと弟がいて。常に真ん中に挟まれる立場だったのがあるかもしれない。だから上と下を見て『どういう人間だったら親は嬉しいのか』みたいな。お兄ちゃんはめっちゃ不良だったので、私は静かにしてようと」

とインタビューで話しています。

 

一人で過ごすのを好む性格になったルーツがここにあるのかもしれません。

 

大学生の弟はサークルの景品にミュージックステーションのティッシュを持っていこうとしてモモコちゃんに止められるなどお茶目な一面があるようです。

 

モモコちゃんがそれがはっかくした母親とのラインをツイッターでアップしています。

 

ちなみに母親のラインのアイコンはケロケロケロッピーでした。

 

めっちゃ不良だったというお兄ちゃんは2017年に結婚したようで、結婚式ではBiSHの曲を流したということをツイッターで報告していました。

 

少し気になるのはツイッターの内容は「兄が結婚式でBiSHの曲流してくれたらしくてうれしい」というもの。

 

流してくれた“らしい”ということはモモコちゃんは出席しなかったということ?

 

出身地は東京のようなので遠くて行けないということもなさそうだし何か事情があるのでしょうか・・・

 

仕事がどうしても外せなかったのかもしれませんね!

スポンサードリンク

まとめ

モモコちゃんは「青春」についてインタビューで次のように語っています。

 

「私はどの時期とかなくて。この人、青春してるなと思うのは自分の目標に向かって頑張ってる瞬間。その時に輝いて見えるんですよね。すごく入りたい学校があって、めっちゃ頑張って受験勉強したけど、結局落ちちゃって『負けたぁ』と思って落ち込んだり。そういう一連の頑張っている時とか、負けてしまった時とか、全部を含めて青春だなと思う。今もいろんなことと戦っていたり、目標に向かって頑張っているのが青春だなって思いますね」

 

まさに今こうしてBiSHで活動し大活躍しているモモコちゃんは青春真っただ中といった感じでしょうか!

 

BiSHの中のナンバー1の秀才で、本も執筆するなどマルチな才能を発揮しているモモコちゃんはこれからも多方面でファンを楽しませてくれるのではないでしょうか!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA